FIREという人生への道

Pocket

こんにちは!ブログを拝見していただきありがとうございます!このブログでは、今まで一般サラリーマン(年収300万ちょい)がお金の尊さ、お金の厳しさを学びそれを今から社会に出る世代、または過去の自分に向けて、お金に関する記事を書いていこうと思います。

FIREに気づいた経緯

タイトルを見てわかるように「FIRE]という言葉が最近アメリカを中心にバズっているようです。

「FIRE」とは、Financial Independence Retire Early の頭文字をとっているようです。 日本語訳では、経済的独立と早期退職を目指すライフスタイルのことを言うそうです。

簡単に言うと、20代から30代に死ぬほど稼いで、死ぬほど節約して、それからの人生積み上げた富を切り崩しながら生活するということです。

富といっても貯金だけでは、この日本に住んでいる限り資産を増やすことは困難と考えられています。

なぜなら、今の日本の銀行の金利は0.01%程度・・・こんな基本的なこと誰でも知っていることだと思います。

じゃあ、金利のいいネット銀行で貯金をしたらいいんじゃないの?って思いますが、今のネット銀行の金利は0.10%±0.05%が限度。

もし、1年に100万円の貯金をしたとします。そうすると利息は1000円、税引き後は800円になってしまいます。サラリーマンで言ったらランチ代にしかなりませんよね。

確かに、800円という利息が入ることで、日々の生活の中で「今日のランチは500円か、あと少しで利息分になってしまうな」とか節約をするのにマインドが動くのは重要なことです。

しかし、私たちが見なければならないのは、今ではなく未来。100年生きるといわれているこの世の中で長生きをすることは、リスクになるのです。

今までの日本では、いい大学に入っていい就職先を見つけけて、堅実に貯蓄をし、高い金利で利息をもらい、高い退職金をもらって、年金をもらっていれば生きていける世代だったのです。

今となっては全く逆のことが起こっていますよね?いい大学に入ってもいい職に就けるわけでもなく、金利は下がる一方、退職金や年金なんて自分たちが退職するころにはどうなっちゃうの?って感じですよね。とどめが、老後2000万問題ですもんね・・・

日本オワコンなんて言われてもなんも言えませんよね。

なので!自分の将来のお金は自分で作る!という時代が来るのはまっとうな話です。もし、日本という国が老後の生活を50%賄ってくれるくらいであれば残りの50%は自分で用意しなければならないということなのです!

というか、この事実に早く気付くことができていれば、、、もっと違う人生があったんじゃないかと思うくらい私にとって衝撃の事実でした。

まずは全体像を見る

まず、FIREを目指すうえで大事なことは、全体像を把握することです。つまり人生の逆算。人生の羅針盤を作る作業になります。

例として私の人生の羅針盤を紹介したいと思います。

  • 自分にとっての幸せとは何か
  • 何を大切にして生きていくのか
  • 何をどうしてこの状況を選んでいるのか
  • 死ぬまでにやりたいこと30選!

こんな感じでリストアップしてマインドマッピングみたいにどんどん思ったことを書いていきます。

実際の作業工程は下のようになります。

文字は見えにくいと思いますが、Xマインドというソフトを使用してマッピングを行います。

この際に重要なポイントは他人に突っ込んでもらうことです。今回は彼女にその役を担ってもらいました。グレーになっているところが質問内容となっています。

こんな感じで、今の自分に何が必要で何をしていると幸せを感じることができるのか、自分の頭の中だけではなく書き出すことによって、整理します。

今回の場合、私は、おじいちゃんになっても登山ができるくらいの体力と経済力を持っていたいという結果に

彼女の場合は月に2回牛角に行くことが幸せだということがわかりました。(本当はもっと深く掘り下げていきますが)

ここまで出来たら、この目標に対して今行動をしなければならないことを逆算で考えていきます。

私の場合、登山がしたいということだったので体力作りは今後も続けていき、筋トレとマラソン、トレッキングを行っていきます。

経済面に関しては、登山をするために必要な費用として、山小屋に泊まる費用や道具、保険料などを考えてざっと年間10万くらいは気兼ねなく山にお金を使いたいと結論に至りました。

道具とかはそろっていればお金はかかりませんし、泊りもテント伯で安くなるので、もっと節約はできると思います。

また、彼女の場合は月に二回牛角を食べれたら幸せということなので、月6000円(二人分)の一年間に7万2000円が必要だということがわかりました。

ということは、結論として、二人合わせて17万2000円の不労所得があれば幸せに生きていけるってことじゃないですか?(けっこう強引な気がする)

目標の金額が決まったので、FIREの基本ルールである投資(マネーマシンと呼びましょう)にのっとり4%ルールを適応すると、(後日解説します)簡単に言うと投資を行っていき、投資金額の4%くらいの利回りが調子いいよね!ってことです。最初はこんな感じの理解で十分かと思います。

なので、

X × 0.04 = 172000

X = 4300000

という結果が導きだされました。簡単に説明すると、430万あれば二人の幸せ分は毎年賄うことができるという仕組みです。本当はもっと複雑ですが・・・

では、この430万の資金をどうやって手に入れることができるのか

月5万円を投資に積み立てて年60万

430万 ÷ 60 = 7.167

なので7年とちょっとでできることになるのです。本当は、分配金も再投資することができるのでもっと早く達成することができますが、簡単な計算で将来の予想をつけることができるということです。小学生にもできますよね?

月の生活費を見直す

ここまでは、自分とパートナーとの幸せを考えて、全体像を把握してみました。今度は近々の現象に目を向けてみましょう。

私が行ったのことは、とにかく月の固定費を洗いざらい見直しました

スマホは格安SIMに変更し、か〇ぽ生命とはおさらばしました。定期購入していたシャンプーやサプリメントは解約し、メルカリなどのフリマサイトで安く購入することにしました。

また、ギャンブルたばこ、あらゆる分野で不要と思ったものを排除していきました。

酒に関しては、今年の健康診断でE判定が出てしまったので、自粛中です。

服に至ってはもう半年は新しい服を買っていませんw

24歳でこれはまずいですかね。

そんなこんなで固定費を見直していましたが、自分ってなんて浪費家だったんだろうって思うことができました。

(この無駄な浪費に関しては今後記事にしていこうかと思います)

月の固定費・生活費を見直すことで何がいいかというと、これも逆算をつかうことができるということです。

例えば、月に家族全体で20万の生活費がかかっているとしたら、年に220万円かかります。

それを先ほどの投資(マネーマシン)に回すとなると

X × 0.04 = 2200000

X = 55000000

5千500万円必要ということですね。ここから税金も取られるので、訳6000万円必要ということにしておきましょう。

とてつもない金額ですよね。宝くじでもあたらないかなーって思っちゃうほどの金額ですね。

しかし、安心してくださいこの世の中には頭のいい人たちであふれかえっています。その人たちはSide FIREということを考え出しました。セミリタイアともいうかもしれません

要するに生活費の全部じゃなくて、携帯代とか水道・光熱費とか、家賃とか、、、月の固定費を賄うことができていれば、幸せだし、そんなに無理しなくてもいいんじゃない?と考えたわけです。

例えば、

携帯5000 水道・光熱費10000 家賃70000 保険15000 の計100000 これの一年分で1200000円となります。

円だとすると、先ほどの計算に当てはめると

X × 0.04 = 1200000

X = 30000000

3千万円で済む(税抜き)ということになるのです。

では月にいくら投資に回していけばいいのってなりますよね。

月10万円の投資であれば、年に110万。配当再投資での増える分を考えないで計算すると、30000000÷1100000=27.27

27年とちょっとでできるということですね。

24歳から始めたのであれば、51歳くらいには達成できそうな気はしますよね。

これを長いとみるか、チャンスと見るかはあなたしないです。

投資は何といってもリスクを取らなければリターンは返ってこないですから、時間をかけることがリスクの分散になるというわけですね。

この知識を40代、50代の人がやるとすれば、老後までにはもうちょっとリスクをとって、短期での利回りを目指していきたいところですね!

まとめ

要するに、投資を始めて、配当金での金額により自身の幸せとなることとなのか、固定費に充てていくのか、それともどっちも取るのかを決めていただき、ゴールを設定することが一番重要なことだと思います。

何のためにFIREしたいのか、何のために投資をするのか

そこを見失ってしまえば何も見えてきません。

稼ぐ方法ばかりを求めてしまうのではなく

何のために稼ぐのかを今一度家族やパートナーと話し合ってはいかがでしょうか?

このような、お金に関する情報とヒコのマネーリテラシーの向上を経時的にブログに起こしていきたいと思いますのでよろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました