25歳社会人の貯金の実際

家計管理
Pocket

節約リーマン<br><br>
節約リーマン

20代ってどれくらい貯金してるんだろう?

これが一年前に僕が疑問に思ったことです。実際、一年前までの僕はかなり浪費家で、貯金なんて全然できていない状態でした。

ざっと思い出しても20万円あればいいほうじゃない?って感じでした(´;ω;`)

さらに遠距離恋愛もしていたので、月に2回くらいは車で遠出することもあり収入を超える出費が続く毎日でした。一回のデートでプレゼントとかも買うので3万~4万円はかかってたと思います。(計算したことないですけどね)

そこでふと思ったのですが、20代のサラリーマンってどれくらい貯金しているのか不安に思うことが何度かありました。結婚はしていないけど、このまま、生きていて老後のための資金があるのかとか、子供ができた時の教育資金はあるのかとか真面目に考えるようになりました。

しかし、貯金の概念がない僕は、思い立ってもすぐに貯金ができるわけもなく、浪費を続けていました。

お金のイメージを一掃した

転帰が訪れたのは、今の彼女に出会ってからです。彼女は先輩の紹介で知りあった一つ上の方です。公務員をされていて、収入は安定していますが、実際に手取りでは僕の方がもらっていました。

そんな、彼女の貯金は何と月に12万円以上。。。

収入の半分以上を貯蓄に回しているとのことでした。(積み立てNISAとか共済貯金も含めて)

実際に20代サラリーマンの平均貯金額を調べてみました。

厚生労働省の国民生活基礎調査(2016)によると20代の平均貯金金額は154万8000円だったようです。

ボーナスを入れないで貯金をするとなると、月に3万2250円という計算になりました。

節約リーマン
節約リーマン

けっこうみんな貯金してるんだなあ

当時の僕は思いました。実家暮らしでもあったのですが、浪費に浪費を重ねて、貯金ができていなかったようです。

彼女の貯金額を聞いて、

節約リーマン<br>
節約リーマン

これじゃヤバイ!!

って思うのが普通だと思います。人間って、何かに比べて自分が劣っていると感じて初めて危機感を持つ動物だと思っているんですよね。全国の20代の貯金額や彼女の貯金額を目の当たりにして、僕も行動を移すことにしました。

まず始めたことは、お金の勉強です。いまも継続して行ってはいるのですが、FPの勉強を少しかじりつつ、今までに興味を示さなかったお金の知識をいろいろな媒体から勉強するようになりました。

彼女に出会ったことで勉強を始めてお金の価値観を一掃することに成功しました。

貯金じゃなくで資産で考えろ。

お金の勉強を始めて、最初にたどり着いたのは、貯金は生活を豊かにしないということでした。現在の日本の銀行に口座を作って預けていると金利は0.001%ほど、スズメの涙ほどにもなりません。

この世には投資という最適解が存在するということを学びました。投資をして、金のなる木を買いまして行くにつれて資産は何倍にもなるということがわかりました。積み立てでためていった資産はお金が勝手に働いてくれる仕組みを作ってしまえばいいということですね。

ここら辺は、また詳しく解説をしていこうかと思っていますが、ここで学んだ情報はしっかり彼女にも伝え、彼女にも正しい投資を実践していただくことにつながりました。

しかし、投資だけではリスクが高すぎるので、二人で貯金を始めることにしました。

その金額は月に3万円。どんな内訳か説明していきたいと思います。

二人の共同貯金

まず初めの一万円は、「二人の共同貯金」です。名前は僕が考えました。

2020年1月から始めたのですが、初めの月に25万ずつふたりで貯金して、次の月から1万円ずつ貯金をしていくという貯金方法です。

ルールとしては、二人が共有して使うものがあったなら、ここのお金を使ってもいいということです。毎月の支払いで、大きな金額を使ったときに、二人が使うものであれば了承を経てこの講座から引き落とすことができます。

今月になって一人暮らしを始めたのですが、そこで使う家具などは、彼女も使うということで、初期金額や大きな家電などのお金はここから賄ってもらいました。多分全部で15万円くらい使っちゃいましたけどね。(´;ω;`)

個々の口座のおかげで、余裕をもって生活することができるようになりました。また、お金を使うときに、本当に価値があるのかを考えるようになりました。

節約している様子などはまた随時報告していきたいと思います。

生活防衛資金

次は「生活防衛資金」です。なんかかっこいいですよね。この名前は、YouTubeで有名な両学長に学んだことです。少しニュアンスは違いますが、もし結婚して二人の愛で二何か起こった時、もうこれ以上どうすることもできないというときに使うお金です。

ルールとしては「一生引き出さないお金」って感じです。

例えばがんの末期で余命宣告を受けたとか、大震災が起きて明日の食う飯がないとかそういう感じです。いわゆる保険みたいなものです。

お金の勉強をしていき、保険の勉強をしていくにつれて、民間の保険は入る必要はないと感じました。世界最強の国民健康保険に加入しているので、守備は万全と考えました。(もっと守備の要素はありますが)

そのおかげで、いらなかった保険は解約し、新しい保険の勧誘なども論破できるまでになりました。実際に中学時代の同級生に保険の勧誘を受けましたが無事に論破しました。

ログイン ‹ ひこぶろぐ — WordPress

(保険の勧誘を受けて感じたことを書いてます)

この講座にも月1万円ずつ貯金して、結婚するまでに100万円は貯めたいとおもっています。逆に結婚することになったら、無理にでもここを100万円にしたいと思っています。

旅行貯金

最後の1万円はこれです。「旅行貯金」の名前の通り、二人で旅行に行くときに気兼ねなく使えるお金って感じです。旅行は年に1回か2回って決めているので、年間で24万円使えれば、まあまあの経験はできるんじゃないかなって思ってます。

でも現在はコロナウイルスが流行っているので、この貯金は繰越中ですけどね。コロナが収まった時にどうやって使うか楽しみです。でも、実際、僕はあまり旅行は好きではないです。旅行というよりか登山やキャンプをして楽しみたいのですが、彼女が旅行好きなこともあり、家族サービスにはちょうどいいかなって思ってます。もちろん登山やキャンプもしますけどね( ´∀` )

こうやって、毎月3万円の貯金を口座別に分けています。これで、月に3万円貯金は達成できたので、20代の平均には少し近づいたかなって思っています。

+投資

この月3万以外に僕がやっていることは、月々の積み立て投資です。

およそで説明すると米国株に3~4万、日本株に1~2万の投資を着々と行っています。使っている証券口座は楽天証券とSBIネオモバイル証券です。

米国株に関してはETF中心で買っていき、日本株に関しては、小額を時間をかけて分散して買っていこうと思ってます。

要するに貯金と投資を合わせれば、月に7~9万円は貯まるってことになります。

年間でいったら100万円は貯めたいところなので着実にこなしていきたいところですね。

最後に

最後になりましたが、僕は一年前まで、果てしなくお金を使う浪費リーマンでした。

そして今の彼女と出会い、お金の価値観ががらりと変わってからは、かなり生活に余裕が生まれたと感じています。

お金の勉強を通して学んだことは、これからも発信を続けていき、社会人初心者の方の支えになってくだされば幸いです。

それでは、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました