保険の勧誘受けてきた。。。

Pocket

こんにちは、ひこです。今回は、人生について話していこうかと思います。特に保険についてです。

みなさんは、年代別にあとどれくらいの人生を生きていくんだろうと考えたことはありますか?僕は20代後半に差し掛かり、人生についてもっと真剣に考えていかなくてはいけないと考えるようになりました。満足のいかない給料とボーナス、感染症のリスクに脅かされる毎日・・・

こんな思いを抱えている人は少なからずいらっしゃると思います。そこで、これから先のことを考えていくうえでどんな構成要素があるのかをピックアップして、今までの経過とこれからのことに関して考えていきたいと思います。

そこで、こんな考えのきっかけを作ってくれた出来事がありました。それは、先日中学の時の同級生にご飯に誘われた時のことです。

場所は焼肉で、その友達も中学校では一緒に陸上をしていた仲でした。そこで話になったのは、保険の話。とある保険会社に勤めているということなので、自分に保険の勧誘をしたいとのことでした。しかも新人も一人連れてきて勧誘の方法を学ばせてほしいと・・・

まあ、話だけならと思い、聞くことにしました。

PCとタブレットを開いて、保険の話を進めていくのですが、今20代の自分が将来使うお金は2億5千万円といわれました。正直、どんな計算したらそんな金額になるんだよ、、、と思って聞いていたのですが、車やら一軒家やら教育費やらでそれくらいかかるみたいです。

ここら辺は、経験のある方に意見を求めたいのですが、そんなにお金ってかかるんですか?僕にはどうも不安をあおっているようにしか聞こえませんでした。

いざ、けがや重い病気にかかって高額の医療費がかかったとしても、高額療養費制度とか障害年金とか使っていけばいいんじゃない?とか、車や家は自分の身の丈に合ったものを買うからそんなにかからないし。教育費も最近じゃ無償化が進んできて、昔よりかからないんじゃないかな?って反論しました。

そしたら、「そんなんで人生幸せなの!???」

って怒鳴られました。貯金を減らすようじゃ幸せになんかなれないよ!!ってすごい形相でした。何が自分にとっての幸せなのかわその人私大のはずなのに、そんな言われ方乨なくてもいいのになあ・・・

と思ってしましました。

しかも、運動や毎年定期健診をしている人は月の保険料が安くなるみたいな説明を受けましたが全然心に響きませんでした。

また、積み立て型の生命保険も紹介されましたが、その月の支払いを、高配当銘柄に積み立てておけば、いくらか年利がよくなるだろって思い、その商品って年利なん%なの?って聞いたら教えてくれませんでした。

こんな感じで、自分の紹介する保険の利回りもわかっていないような保険会社に自分の未来を預けるわけにはいかないってな感じの雰囲気できっぱり断りました。。。

多分僕の判断は正しかったと思いたいです。

親の世代は保険に入ってからが一人前みたいな古風な考え方の持ち主なので、いつも保険に入らないの?とか言ってきますが、自分には自分の人生設計があるので、古風な考え方を押し付けないでほしいと思っています。今の時代、インターネットがあれば何でも調べることができる時代なので、保険業者の口車には乗りたくはないですね。

とは言いつつ、保険業界の株はちょくちょく買っているので、企業が衰退しないことを祈るばかりです。

これ以上、無駄な保険を契約している人はぜひ検討されてみてはいかがでしょうか??

コメント

タイトルとURLをコピーしました