【高配当株】ENEOSホールディングスは買い時か!?

高配当株
Pocket

 今回は原油価格の上昇に伴い、ENEOSの株価と座位部を見ていこうと思います。新型コロナウイルスの蔓延で、旅行や出張での遠出が減り、オンラインでのリモートワークが増えてきたことを受け、旅客機などの運用状況は、前年の98%減だそうです。航空業界は特に広い土地面積と旅客機の維持費がかかりますから当然痛い損失となったわけです。実際、ANAはボーナスカットや人員の削減を試みており、存続をかけて戦っている状態ですね。

 そんな中、これから車での個人での移動が増えてきているそうです。都心でも車を持っていない家庭がレンタカーなどを借りて地方に遊びに来ているというニュースを聞いたことがあります。確かにここ最近「わ」ナンバーを多く見かけるようになった気がします。

 そこで、レンタカーや自動車の販売が伸びてきたらどこがもうかるかなあ~ト考えたら、やっぱり石油業界ですよね。電気自動車も着々と増えてきてはいますが、まだまだ、日本はガソリン車の使用率が多いみたいですね。(2017年では全体の1%程度)

そんなわけで、今回は高配当株でもおなじみのENEOSについて買い時を探っていきましょう。

現在の状況

2015年くらいからの株価推移になります。2018年に最高値を記録して下落トレンド入りしていた最中のコロナショック。

かなり下落目線な気がします。最安値の340円当たりが意識されている感じもしますね。

次に財務状況を見ていきましょう。

引用:バフェットコード

2020年3月時点での売り上げは軒並み下落傾向ですね。2021年の売り上げ予想も過去最低を予想していますね。

引用:バフェットコード

各セグメント別の売り上げを見ても、大黒柱であるエネルギーがマイナス計上となっています。

車の需要は増えているものの、業界自体の底上げには至らず、むしろマイナスのようですね。

配当は?

財務はここ数年マイナスのようですね。コロナショックがなかったとしても、そんなにいい業績といえなかったんじゃないでしょうかは。

続いて気になる配当についてみていきましょう。

引用:バフェットコード

今年は増配を決定しており、22円の配当金を捻出できるようですね。配当利回りというと、なんと5.8%!!

これはかなりの高配当ということがわかりますね。しかし、配当利回りに踊らされてはいけません。配当性向はどれくらいなのか見ていきましょう。

ちょっとみにくくて申し訳ありませんが、今年の配当性向はー37.7%となっているようです。

マイナスが出ているということは、今年の利益に対して配当が過剰ということがわかります。前年まではしっかり21%くらいで推移していたのでかなり無理して配当を出している印象があります。

したがって、利益剰余金(いわゆる企業の貯金)を見てみても

今年はガクッと下がった印象を持ちますね。

配当大好き<br>リーマン
配当大好き
リーマン

なんだか、投資するにはこわいなあ

こここまでは、マイナスの材料がそろっていますね。配当金をもらうだけに投資するのは危険としか言いようがありません。

では、プラスの材料はないのか探していきましょう!!

ENEOSの+材料

営業利益は軒並み下落傾向、配当金は維持の予定だが配当利回りがマイナスに。。。

いいとこありませんね。でもあきらめません。ENEOSのいいところを見つけていき買い時を考察していこうと思います。

まずは、新型コロナウイルスに対するワクチンの開発です。12月上旬にファイザー製薬会社(米)がコロナウイルスに対するワクチンの承認を受けることによって、やっと世界中にワクチンが届けられそうです。

これにより経済活動が再開されることになると、ガソリンやジェットエンジンの需要が増え収益の増大につながるのではないかと思っています。

さらにコロナショックで売り出した株主たちは最安値の340円付近に留まっていますから、これから投げ売りを始める人は少ないと思います。もし、ワクチンの開発が不発に終わったとしてもこれ以上の下落は考えられにくいと判断できます。

ニュースによるとワクチンが一般の人に配布が始まるのは2021年春ごろのようなので今仕込んでおくのはかなりお買い得な気がします。

さらにさらに、米国の有名な高配当銘柄でおなじみのエクソンモービルがすでに上昇トレンド入りそうなくらいです。

3月のコロナショックを受けて一回上昇するもまた下落。大きなダブルボトムをつけるかのごとく最近になってまた上昇してきています。

(ダブルボトム:株価が安値を付けて一旦反発した後、再び下落したものの、1回目の安値より上の株価で反発して上昇に向かうチャートの形

石油業界自体に追い風となっていると考える投資家が増えていることで、経済活動はまだまだ低迷していますが、株価はどんどん上昇してくるまさにバブル状態といえます。

ですから、12月のワクチン承認を待って、受理されたら、この株価はさらに下値を切り上げてもっと上昇していくことが予想されます。

高配当大好き<br>リーマン
高配当大好き
リーマン

でも、エクソンとENEOSって業績も違うんじゃないの?

確かにその通りですね。でもみなさんご存じの通り、エネオスはもともとはエクソンモービルだったということを。

2000年から続く提携や改名により新しい出発を何度もしてきたエネオスは、エクソンモービルにとっては言わゆる子会社のような関係なんではないでしょうか。(だいぶ大胆)

えエネルギー業界が、ワクチン開発の成功により上昇トレンド入りするのであれば、エネオスの業績も伸びていくに違いありません。

高配当大好き<br>リーマン
高配当大好き
リーマン

でも、5年10年って上昇するとはかぎらないよね

そんな方には、3月の配当権利月までちょこちょこ買い足していって、権利確定まで保有しその後の動向はまた売却の検討をするというのはいかがでしょうか?浅はかな考え方ではありますが、下がったとしても340円付近でまた支えられると考えられるので、それ以上下がらなければ損切しないでバイアンドホールドでいいと思っています。(保証はできませんが)

とにもかくにも、企業としては、収益ギリギリでも配当を出すという心意気が見えますので、今後業績が上昇してきたときに増配という可能性も0%ではないので十分に投資する価値があると思います!

さいごに今後の予想

最後に簡単ではありますが、エネオスの株が今後どうなっていくか考えてみました。

参考になれば幸いです。

現在が378円(2020年11月29日)で次の上値圏内である510円くらいまでは上昇する余地があると思います!!

それでは、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました